セックスレスはホルモンバランスを崩すの?

カテゴリー 未分類0件のコメント

 

綺麗な女性は、ホルモンバランスが整っています。

 

ホルモンバランスの良さを知る目安として、生理周期が分かりやすいですね。

 

生理周期が乱れていると、肌荒れを起こしたり、生理痛が酷くなったり、良いことはありません。

 

 

生理周期の安定が体の内部を安定させるので、結果的に”綺麗”というものに繋がります。

 

ホルモンバランスは女性にとって本当に大事なことです。

 

 

と、ここで

「セックスレスはホルモンバランスに影響する」なんて言葉を聞いたことはありませんか?

 

 

ここでは、【セックスレスはホルモンバランスを崩すのか?】の真相に触れていきたいと思います。

 

 

セックスレスはホルモンバランスを崩すの?

結論から言うと、

セックスレスはホルモンバランスを崩すことはありません

 

なぜなら、セックスとホルモンバランスは無関係だからです。

 

とはいえ、直接的な作用が無いだけであり、体調には少なからず影響します。

 

ちょっと詳しく見ていきましょう。

 

セックスレスと肌荒れは関係ない

 

「セックスレスになってから肌が荒れやすくなった気がする・・・」と思ってる方もいるかもしれません。

 

しかしそれは思い込みかなーと思います。

 

「セックスをしなかったら肌が荒れる」なんてことは、科学的にも医学的にも根拠がなく、証明されていません。

 

多分仕事とか、子育てなどの別のストレスなんじゃないかなーと思います。

 

セックスレスと生理は関係ない

 

冒頭でも言ったように、セックスレスとホルモンバランスは関係ありません。

 

なので、

「セックスをしないから生理痛が酷くなる」

「セックスをしないから周期が乱れる」

 

なんてことはあり得ません。

 

 

セックス以外の他のストレスを抱えてることが、生理に直接影響してるのではないですか?

 

まとめ

 

このとおり、セックスレスとホルモンバランスは全く関係ありません。

 

なので、肌が荒れたり生理に影響が出たりすることは皆無と言えます。

 

 

とはいえ、セックスは体の免疫力と大きく関係しています。

 

セックスは体の免疫力を高めるので、しないよりかはした方がいいです。

 

せめて月に1回、できれば週に1回はセックスをしてみてはいかがでしょうか。